適時、適切、的確に

>

効率がいい分別とは?

新居での立地

効率的な場所と空間にしていこう!という気持ちであれば、新居で使わないものは、不用品ということになりますね。リサイクルに出したり不用品を買い取ってくれるサイトに投稿するのもいいけれど、その労力や時間も必要となってきますよね。
それなら、いっそのこと、業者の方にお願いするのも一案ではないでしょうか。そして、引っ越しの当日にはすべて片付けておきたいと思うのであれば、合間を見つけて不用品などを出しておくといいかもしれないですね。
でも、そんな余裕、あるかしら。私の経験からすると、引っ越しの箱に詰める際に、新居に持っていくものと、持っていかないものの二択にすることが多かった記憶があります。新居の方が広いと、一旦は、持っていくのでしょうが、新居の方が狭くなるということだと、処分しなくてはならないものが多くなりますね。
また、狭くならなくても、必要なものだけの方が、探し物も少なくていいかもしれないですね。

時間は無限ではないのだからね

いくら時間に余裕があるからといっても、使えるじかんは無限ではないのですよね。そして、自分ごとで恐縮なのですが、探し物に費やす時間がとても多いのです。
これって、人生の無駄になっていると自覚する時もあるのですがね。なかなか、自分には甘い私だから、部屋の中は散らかり放題です。
このようなだらしない私のような人は、早々いないとも思いますが、もしも、同じような人がいるのなら、引っ越しの機会に不要なものはすべて整理して、新居で新たな時間の使い方をしていただきたいものです。
そして、不用品は一気に視野からなくすことも気持ちに踏ん切りがつくのかもしれないと思うのです。だって、見えると気持ちもざわつくし、集中力も削がれるとは思いませんか。


この記事をシェアする