適時、適切、的確に

>

自分の暮らしに必要かどうかを見極める

新居で新たな生活必需品と不用品

引っ越しをすると、これまでの暮らしとは違う生活リズムとなりますね。
多少なりともストレスが発生しますが、ストレスは少ない方がいいに決まっていますよね。
そして、快適に暮らす生活に使用しないものもあると処分した方がいいですね。
高齢者の方が入居するような住宅も結構、限られたスペースなので、沢山のものは持っていくことができないと思います。なので、トランクルームのような収納目的でのサービスも普及してきているのでしょうか。
それも、費用が必要ですから、生活費に余裕のある人ならいいのでしょうが、困窮に近い人なら不用品は処分した方がいいでしょう。では、いつ処分するかとなると、引っ越しを機会に処分することが一番の近道のような気がしませんか。

引っ越す原因の一つに人間関係もありだよね

年齢を重ねていくと、これまで共に暮らしてきた人との寝室を別にするご夫妻が多いようです。また、いろんな経済的なことから、結婚したまま、互いに単身での暮らしを選択する人も増えてきていると耳にしたこともあります。
そう、熟年離婚なんてのもよく耳にしませんか。私の周囲の人も、熟年離婚に向けて少しづつ準備をしているという人がいます。
本当に離婚をするのかどうかは別にして、熟年離婚することができるという選択肢があるという安心感を得るために、行動しているのかもしれないですがね。
いずれにしろ、心地よい人間関係がある家庭で暮らしたいと思うのは、私だけではないと思います。家族との関係が心地よすぎて家から出たくなくなると難点になってしまうかもしれないですね。


この記事をシェアする