適時、適切、的確に

引っ越しで出た不用品の効率よい回収法

自分の暮らしに必要かどうかを見極める

何らかの理由で新しい住居に行く、引っ越しの時にこそ、これからの生活で必要かどうかを見極めるチャンスですね。 断捨離だとか世の中で叫ばれて入るけれど、なかなか実行できないでいる人も多いのではないでしょうか。 生活を一新したいのなら、とりあえず引っ越しをするといいという人もいるくらいですからね。

効率がいい分別とは?

必要かどうか、見極めるには、判断をする基準が重要だと思うのです。 そして、その基準をもとに、必要か不要かを決めるのですからね。そして、理想的なのが、全て写真に撮って一覧にするといいでしょう。 すると、俯瞰的な思考になって不用品として処分できるようになるという説がありますが、やってきますか。

新居で必要か

自分の暮らしに必要かどうかを見るのは、引っ越しが一番だという人もいますね。でも、なかなか引っ越しをするにも体力と気力が必要です。
または、仕事の都合で引っ越しをしなくてはならないという場合もあるでしょう。
そして、いまの自分の生活に必要なものでなくても、とりあえずは、近くにおいておきたいというものもあるでしょう。
その必要か不要かの判断が一番、辛いのかもしれないですね。これ、実は、自分自身にいっている言葉なのです。乱雑になってくるのが嫌で、不用品を処分したいと思いつつ、ものの所在地を決め兼ねているというところもあります。
新居では、そこでの暮らしの動きの形、そう、動線も意識して家具の配置などを行なっているとは思うのですが、生活のスタイルや仕事の変化によって動線も変化してくるのでしょうか。
そのつど、変化に応じてものの置き場を変えるという方法もありますが、最近のマンションや新築の物件では、家具付きのところもありますよね。大体の動線を意識して作られているのでしょう。
また、一人で暮らしている人と家族と暮らしている人とは違ってくるのでしょうね。子どもさんが成人しての引っ越しになることもあるでしょう。
今の時代、海外での生活のために沢山の家具などの生活用品を処分しなくてはならないという人もいるでしょうか。いずれにしろ、他者から見るとほとんどがダラクタになるのですが、本人にとっては大切な宝物なのですね。
だけど、いつかは処分しなくてはならないのですよね、寂しいけれど。

処分する不用品

不用品だからといって、むやみやたらにゴミの日に出すことができないのが現状ですよね。 リサイクルに回せるものは、回せばいいのだけれど、そのことに時間や労力を取られていると、本来の日常の業務に支障が出てくることもありかもしれないですね。 一番に優先させなくちゃいけないのは、日々の暮らしですからね。